OSJBホールディングス株式会社、および子会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するコーポレートガバナンスの実現を目指すため、コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方とその枠組み、運営に係る方針を定めています。

基本的な考え方

当社は「経営理念」、「企業行動規範」に基づき透明性・公正性を確保した適切な業務運営を行い、コーポレートガバナンスの継続的な強化・充実に努めています。

また、当社グループが持続的に成長して堅固な経営基盤を保持し企業価値をたかめていくために、コーポレートガバナンスの重要な基盤となる内部統制システムの実践とその有効性の継続的な監視を行っています。

株主の権利を尊重し、平等性を確保する。

当社は株主の意思が適切に経営に反映することができるよう、十分な環境整備に努めていきます。

株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働する。

当社は当社の長期的な企業価値の向上のために、当社の株主のみならず、当社の従業員、顧客、取引先、債権者、地域社会その他の様々なステークホルダーの利益を考慮します。

会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。

当社は財政状態、経営成績等の財務情報や経営理念、経営計画、リスクやガバナンスに係る非財務情報について、開示を適正に行うとともに、法令に基づく開示以外の情報提供についても適時適切な開示に努めます。

取締役会の責務

取締役会は、株主からの委託を受け、中長期的な企業価値の最大化を通じて自らの利益の増進を図る全ての株主のために、効率的かつ実効的なコーポレートガバナンスを実現し、それを通じて当社が持続的に成長し中長期的な企業価値の最大化を図ることについて責任を負っています。

株主との対話

当社は、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向け、株主との建設的な対話の促進に努めています。